スポーツ傷害予防に欠かせないと言われているものがストレッチ、ストレッチングです。
現在使われている「ストレッチ」という言葉は、1970年頃からアメリカのスポーツ科学者の間で使われ始め、1970年代後半より日本でも急速にその概念が広がった、比較的新しい用語です。

ストレッチ(=stretch)とは「引っ張る」、「伸ばす」という意味の英単語で、ストレッチング(=stretching)とは、その「引っ張る」、「伸ばす」動作の事を指しています。
スポーツ現場におけるストレッチとしてはウォームアップやクールダウンの時に行うもの、という意識が定着しつつあります。
しかし全部が一括りではなく、ストレッチを行う状況によって目的は違ってきますので、状況に応じて使い分けをしていくと、より効果的なので状況に応じたストレッチを選択して下さい。

スポーツ現場で行うストレッチを使い分けてシッカリと行えば、選手自身のセルフコンディショニング意識を高める事に繋がります。

※全てのストレッチングの前には体温(筋温)を上げて行う事がすすめられます。
練習やトレーニング前であれば軽い運動やジョギングなどの後や並行して、普段の生活の中で行う場合はなるべく入浴後などを心がけましょう。
仕事のちょっとした合間に行う場合は、いきなり伸ばすよりも、少しずつ体を慣らしていくようにします。

●ウォームアップのストレッチ
これから競技をする、運動をするという意識を筋肉に与えるために、体を動かしながらストレッチしていきます。
座ってしまうと体がリラックスしてしまうので、出来れば立位でランニング等と並行して行う事が望ましいです。
また気持ちの面で「これから競技をするんだ」という準備ができます。
●クールダウンのストレッチ
筋肉が疲労した状態であるので、疲労を早く除去できるように血流を良くする事を意識します。
ごく軽いジョギングなどを行い、体をリラックスさせるために座ったり、寝た状態でストレッチを行うようにします。
●ストレッチは傷害予防の必須項目

ケガをしてその後競技復帰する際に、再発予防のために筋肉の柔軟性を回復することは重要です。
また蓄積された疲労が除去されない状態のまま、競技を続けていると新たな傷害を起こす可能性があります。
不安部位がある場合は、特にその部位のストレッチを入念にする必要があります。