スポーツ活動やトレーニングを行うと、筋疲労などから一時的に細かな筋線維が損傷します。
その後、筋肉は損傷を受けた筋線維を再生しようとします。
この時に適切な休養と栄養が伴うと、前よりも強い筋肉が形成されます。

スポーツ活動やトレーニング後の休養と栄養は欠かせないものです。

筋肉がダメージを受けてから回復し、さらに強い筋線維を作るには24~48時間程度(中1日~2日程度)の休養が必要であるといわれていて、休養と栄養を適切に取った場合は、練習やトレーニング効果が右肩上がりとなって現れますが、休養や栄養が不十分であった場合は逆に右肩下がりとなってしまい、せっかく練習やトレーニングを積み重ねてもドンドン筋力や体力が落ちてしまいます。
さらにひどい場合ではパフォーマンスが低下し、オーバートレーニング症候群に陥ってしまう事もあります。

またトレーニング後に休養を適切に取っていても、栄養面で特にたんぱく質などが不足している場合は、強い筋線維の再構築が効率的に行われません。

プロテインは文字通り「たんぱく質」の意味ですが、ただ闇雲にプロテインを摂取するのではなく、できるだけ食事の中でバランス良く摂取するようにし、食事で補うようにしましょう。