トレーニングの必要性

スポーツ選手にとってトレーニングは必要不可欠な鍵です。
筋力をつけたい、体を大きくしたい、パワーアップしたいと様々な理由が考えられますが、最も重要な項目が「競技力向上」「ケガの予防」です。

1)競技力向上のため

トレーニングを継続して行う事で、必要な体力要素(筋力、パワー、スピード、筋持久力など)を効率よく高める事が可能です。
また基礎体力の土台が強いと、より高度な技術や戦術を習得しやすくなります。
例えば体幹を鍛える事で支持能力が向上し、軸のブレないスイング動作が可能になったり、下肢筋力の向上によって走力がアップするなどが考えられます。

習い事や学校の部活動で多くのコーチ・監督の指導を見てきましたが、筋トレをさせ過ぎな指導者が多いです。
体幹トレーニングでも触れた事ですがスポーツ全般に共通する事は、猫背や姿勢の悪い人を基準にフォームは作られていません。
必ず軸の通った姿勢の良い状態を基準にフォームは作られています。

スポーツで本当に必要な事は、必要以上の筋力や体力強化より技術(テクニック)が大切です。
技術強化を蔑ろにしていて、筋トレや持久走を主としたトレーニングをメインにしています。(年齢性別問わず必要以上の筋力や持久力は一番無駄が多いトレーニングです)

※ただし技術練習ばかりでトレーニングを全く実施しなければ、土台が小さくなり、高度な技術や戦術を習得する事が難しく、結果として競技力の差が生まれてしまいます。

またテレビ番組等で観たり、本や雑誌で読んだであろうプロスポーツ選手やアスリートトレーニングを子どもにさせる事もハイリスクでしかありません。
ハイレベルや高負荷トレーニングを実施するまで、適切なプロセスを踏んだ上でプロスポーツ選手やアスリートの方はトレーニングをしています。

2)ケガの予防のため

必要な体力要素が向上するという事は、スポーツ活動にかかる負荷やダメージによるスタミナの消耗を軽減させる効果が期待できます。
また外部からの衝撃を和らげる能力を向上させる事が可能です。
筋力を強化する事によって関節の不安定性を改善する効果が期待できます。

3)筋力バランスが安定する

競技で使用されにくい部位を鍛える事ができ、正しい姿勢を保つ事で関節支持能力を高める効果が期待できます。
例えば片側スイング動作を繰り返す競技(野球のバッティング、ゴルフ、テニスなど)では左右の筋バランスが崩れ、傷害を起こす可能性が高まりますがトレーニングを行う事である程度予防が可能になります。

4)心理的影響への期待

「これだけトレーニングを行った」という自信はスポーツ選手にとって心理的なアドバンテージをもたらすといわれています。
 

スポーツが上達するには土台となる基礎体力・筋力作りは欠かせません。
土台が大きければ大きいほど、より高度な技術や戦術を習得する事が可能です。