トレーニングを行う際に基本となる7法則があります。
ただやみくもにトレーニングを続けるのではなく、これらの法則を理解した上で行っていくとより効果的です。

1)過負荷の法則(オーバーロードの法則)

トレーニングを行う時は、ある一定上の負荷で運動しなければ効果が表れない法則です。
いつも同じ負荷のトレーニングをしていても人間には適応能力がある為、トレーニングを続けていく間に体が負荷に適応してしまいトレーニング効果が薄くなってしまいます。

2)漸進性(ぜんしんせい)の法則

トレーニングの質と量は、少しずつ増加させていくようにする法則です。
トレーニングは個人の能力に対して低すぎては効果は上がらないし、高すぎては障害を起こす事もあります。
負荷を高くする場合、一度にあげるのではなく少しずつ負荷を高くしていくようにしましょう。
急激な負荷の増大はトレーニング効果を減少させたり、ケガの原因となる場合があるため注意が必要です。

3)全面性の法則

トレーニングはバランスよく行う法則です。
体力と一言でいっても筋力、持久力、瞬発力、敏捷性、平行性、柔軟性といったように様々な要素が考えられます。
これからの要素を偏りなくトレーニングしていく事が必要です。

4)反復性の法則

トレーニングは、1回で効果が得られるという即効性のものではありません。
効果は適度な間隔で繰り返し反復、継続する事によって得られるものです。
少ない頻度で目的量まで続けていく事が大切です。

5)個別性の法則

トレーニングの効果を最大限に引き出すためには、個人個人にあったトレーニング内容を考慮する必要がある法則です。
トレーニングはしばしば集団で行われる事がありますが、その中でも個人の能力や性別、体力、目的など様々な要素を考慮してトレーニングプログラムを提供する必要があります。

6)意識性の法則

トレーニングや練習を行う選手自身が、「なぜトレーニングをするのか」「どの筋肉を使ってトレーニングしているのか」といった目的や目標意識をもって実施する事が必要である法則です。
視覚的に「この筋肉」と見ながらトレーニングを行う、また実際にさわって刺激を与えた上でトレーニングを行うとより効果的であると言われています。

7)特異性の法則

短距離ランナーの選手が持久走の練習を繰り返し行っていても、その競技のパフォーマンスに結びつかないように、目的によってそのトレーニングの内容は変わります。
その競技の種目特異性にあったトレーニングを行う必要があるという法則です。