トレーニングを行いその効果を的確にとらえる為に必要な要素は、主に次の5点だといわれています。

1)対象となる人の体力的要素を分析し、今トレーニングが必要な要素は何かを明確にする事
(具体的な目的の設定・例えば大腿部の筋力など)
 

2)それらの体力要素に対し、もっとも効果的と考えられるトレーニングを行う事3)トレーニングプログラムに関して、そのメカニズムや期待できる効果がある程度説明可能な事

4)それぞれの要素のトレーニング効果について適切な効果測定を行う事

5)トレーニングプログラム、効果測定の両面に関して、年齢やトレーニングキャリアなどを考慮する事

これからの条件が満たされた上で、個々の要素に関して十分な効果が得られれば、トレーニングは成功と言えるでしょう。

トレーニング効果を的確に把握する為には適切な測定が必要となります。
トレーニング効果を客観的にとらえる事で、トレーニングの結果何が変わったのかが理解でき、それを競技にフィードバックする事が可能です。

1)現状を把握する
現在の状態を把握する事で「持久力を強化したい」「瞬発力を強化したい」など今必要であると思われる体力要素を決定します。

2)目標を設定する
目標を設定し、それに対してどのくらいトレーニングをするのかの量とプログラムを決定する。
具体的な目標が決まる事でトレーニングに対する前向きな姿勢が現れます。

3)トレーニングの方向性を確認する
トレーニングを行っていても効果的な結果が出てこない場合にその方向性が間違ってないかどうかを定期的にチェックし、必要に応じて修正していく必要があります。

4)ケガをしたときの体力評価
ケガをしてしばらく競技が出来ない場合、またリハビリテーションなどを行いながら競技復帰を目指すときに、定期的に体力を評価し、復帰に必要な体力的要素が回復しているかどうかを把握します。