ウォーミングアップ

トレーニングや試合前に行う準備段階での運動の事。
ウォーミングアップが不十分だと持てる能力を発揮できなかったり、ケガの原因にもなります。

・ウォーミングアップの必要性

1)体温を上昇させる
運動をする事で体温や筋温(筋肉の温度)が上昇し、柔軟性が向上する。
関節の可動域(関節の動く範囲)をその人の最大限まで高める事ができます。

2)適応性を高める
ウォーミングアップをせずに高いレベルの運動を行うと、心肺機能や筋肉・関節などに大きなストレスがかかってしまいます。
すぐに身体が対応できない為ケガの原因になりやすく、これを予防する効果があります。

3)心理的な準備
ウォーミングアップを行う事で、アドレナリン量が多くなり中枢神経を刺激して、運動に対する心理的な準備が整います。

一般的な方法としては軽いジョギングや準備体操の後に、競技に合った軽い運動を行います。
体の温度が高まってから、メイン練習や競技に取り組むようにしましょう。

季節や気温・湿度・時間帯によってもウォーミングアップにかける時間や内容は変わります。
暑い夏ですと当然軽い動きでも体温は上昇しますが、寒い冬は時間をかけて体を動かしていかないと、なかなか温まらないです。

クーリングダウン

ハードな運動によって身体には疲労が多くたまっています。
このままにしておくと筋肉が硬化し過緊張状態になりますし、内臓の働きも悪くなったり、精神面でも「開始・終了」の切り替えを行った方が良いです。
少しでも回復を早める為にクーリングダウンを行う事が必要となってきます。

・クーリングダウンの必要性

1)疲労回復の促進
筋肉を軽く動かす事によって徐々に体温を下げると血管が収縮し、筋肉内にたまった疲労を軽減できます。2)柔軟性の回復
筋肉が硬化する前にクーリングダウンをする事で、過緊張をとり柔軟性低下によっておこるケガの予防になります。

3)体調を整える
疲労や柔軟性の回復を早める事で、その日の体調を整える事ができ、慢性疲労の予防になります。
また回復する事により、次回も高いレベルのトレーニングや練習が可能となります。

練習後に軽いジョギング、体操、また特に使った筋肉に対しては入念なリカバリや緩いマッサージが効果的です。

競技特性や個人差によって様々な方法・手段が考えられるので、より自分自身にあった「ウォーミングアップ」「クーリングダウン」を研究する事が大切です。