指の第1関節が木槌の様に曲がった状態になるので、マレット変形と呼ばれます

マレットフィンガーとは指の先端に伸びている腱が完全に離れている状態を言います。
槌指(つちゆび)とも呼ばれ、長指伸筋(ちょうししんきん)腱の断裂をさします。
マレットフィンガー
指の先端部の関節の痛みがあり、指をまっすぐに伸ばす事が出来ず、常に受傷した指は曲がった状態です。
特にバレーボール、バスケットボール、野球などボールが指先に当たるようなスポーツに多く見られます。

受傷直後はRICE処置を行い、医療機関で診察を受ける様にします

指の形状が第1関節で曲がっていれば、マレット変形といえますが、腱性マレット変形か骨性マレット変形かの診断が重要になります。
骨折の有無で治療法が変わるので、マレット変形を診断するには、X線(レントゲン)撮影が重要です。
そのまま放置しておくと半永久的な機能障害や痛み、変形などが残る可能性が高く、後に関節炎を引き起こす場合もあります。
マレットフィンガー
痛みや可動範囲の制限が重度であれば、指を固定しておきます。
痛みが軽減してきたら可動域回復のためのリハビリテーションを行います。
再受傷を避けるために痛みがある限りは隣の指と一緒にテープで固定する必要があるでしょう。