三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷

三角線維軟骨複合体(TFCC)は、手関節の外側(小指側)の関節の靭帯や関節円板(クッション)などを総称した名称です。
tfcc
転倒した時に手を着いて損傷する外傷と、加齢に伴う使い傷みによって損傷する場合、グリップ動作で手関節を頻繁に使用する事による使いすぎでの損傷もあります。
手関節の腕の骨は親指側の橈骨(とうこつ)と小指側の尺骨(しゃっこつ)の2本がありますが、尺骨が橈骨より長い(小指側の腕の骨の方が長い)場合、TFCCを損傷しやすくなります。

外傷による軽度のTFCC損傷の場合は、しばらく安静をとり場合によってはギプス固定で経過観察する場合があります。しかし症状が慢性になった場合は関節造影剤などを注入して、関節鏡による手術が行われる事もあります。
小指側に手首を捻ると痛みが出る場合、痛みが継続する場合は早めに医療機関で診察を受ける様にしましょう。