舟状骨骨折

手関節の内側(母指側)にある舟状骨(しゅうじょうこつ)は腕を伸ばした状態で転倒したした場合などに見られます。
舟状骨と隣接する橈骨(とうこつ:肘から手首にかけての骨、母指側)とが激しく衝突する事により、舟状骨が骨折してしまいます。
転倒以外にもコンタクト(衝突を伴う)スポーツや手をよく使う体操競技にもみられます。
舟状骨骨折
手関節の母指側(解剖学的スナッフボックス)に痛みや圧痛があり、手関節の可動域制限がみられ、握力の低下や手関節の母指側に腫れがみられます。
この様な症状があれば、すぐに手関節と前腕部分を固定して医師の診察を受けるようにしましょう。

転位のない舟状骨骨折で3ヵ月、転位がある場合はもう少し時間がかかり、舟状骨は有鉤骨同様、血流の乏しい部位であり、早期診断、治療しなければ骨折した舟状骨の外側は壊死してしまう場合もあります。
筋力と可動域が健側(ケガをしていない側)の手関節と同じになるまでは、スポーツをする際にはしっかりとした固定器具などを装着する事が望ましいです。