野球の投手に多い

肘部管(ちゅうぶかん)症候群とは肘の内側を通る尺骨(しゃっこつ)神経への圧迫によって起こる障害で、肘の痛みと痺れ感、薬指と小指への感覚鈍麻などがみられます。
肘部管
小児期の肘部骨折による変形やガングリオンなどがその一因としてあげられますが、肘を曲げたときに尺骨神経が圧迫されて痛みなどが生じるため、野球のピッチャーは肘部管症候群になりやすい傾向があると言われています。変化球でも特にスライダーを投げる時に腕を過剰に捻る事が多いためです。
肘部管
頻繁にみられる症状は肘関節内側部の痛みと痺れ感、小指と薬指の半分(小指側)のしびれ感やチクチクとした痛みです。

進行すると薬指と小指の筋力が衰え、筋力低下により親指と人差し指でものをつかむ動作が難しくなります。
これは手の細かな筋肉の大部分が尺骨神経の支配領域であるからで、重度の慢性的な肘部管症候群は、筋肉の萎縮(いしゅく)や、手のかぎ爪状の変形を引き起こす事があります。
腕神経障害
痛みがある場合は痛みの原因となる動作をしばらく中断し、RICE処置を行いながら、痛みの軽減を目指します。
また医療機関で診察を受け、神経障害緩和に効果があるとされるビタミンB12などの処方・投薬をします。

野球のピッチャーの場合、肘が下がった状態で投球を続けると、肘関節が過度に外旋されて尺骨神経圧迫を繰り返すので、投球フォームの見直し、練習方法も合わせて行う必要があります。