野球肘の症状

肘関節靭帯損傷には、転倒などの大きな外力による外傷と、スポーツなどによる繰り返し加わるストレスによる障害とがあります。
内側側副靭帯の障害は野球などの投球動作を繰り返す事による過度のストレスなどが原因となる場合が多く、陸上の槍投げ選手などにもみられます。
内側側副靭帯
肘の内側に痛みが続く場合はRICE処置を行い、その痛みの原因となる動作をしない事が大切です。

内側側副靭帯を痛めている場合は

・全力投球をしようとすると初球から痛くて投げられない
・肘内側部に圧痛(あっつう=押されたときに感じる痛み)がある
・肘関節を外反(外側に反らせる)または過伸展(最大限まで伸ばす)を強制する事で肘内側部に痛みがでる

などがあげられます。

痛みの原因となる動作を中止して、肘周辺部のリハビリテーションを行い、その状態が1~3ヶ月たっても変化がない場合は再建術を行う場合があります。
再建術は術後半年~1年かけて競技復帰をする事になるので、術後のリハビリテーション時期が長く、競技からもしばらく離れなければならない事から予防が大切になります。