投球・投擲競技者に多い症状

特に投球競技において、フォームが悪いとボールを投げる際に腕全体も放り投げてしまう状態になるため、上腕三頭筋(腕の裏側の筋肉)や関節内部にある関節包、関節唇といった軟部組織はこれを支えようとします。
そのため肩甲骨後方あたりは常に引っ張られる力が加わり、この部分の骨が盛り上がってくる事があります。
ベネットスラップ
長年同じ競技を続けてきた人にはこのような骨の盛り上がりは良く見られますが、通常痛みを伴うケースは少ないです。
しかし、投球動作終盤のフォロースルー期で肩の痛みが続く場合は、有痛性ベネットと考えられ、手術でこの骨を削る場合があります。

特に痛みがひどくない場合は、フォーム改善・投球後のアフターケア(アイシングなど)を行う事が大切です。