頚椎(けいつい)の機能

・頭部を支える役割
・頭部を動かす運動機能
・神経組織を保護する機能
等ありますが、重要な役割を持っているのが椎間板と椎間関節です。

椎間板の変性は後天的な要因として、スポーツ外傷や過度の負荷が掛かる事で機能障害を起こすケースがあります。
椎間板の中にある髄核(ずいかく)と呼ばれる部分が後方へ隆起し、神経を圧迫するものを椎間板ヘルニアと呼びます。
ヘルニア
頚椎で起こる椎間板ヘルニアは、頚部から上肢にかけての激しい放散痛がみられ、また圧迫を受けている神経の支配する領域にかけての筋力低下や知覚鈍麻などがみられます。
MRI検査を受ける事で的確な診断が確定しますので、このような症状があてはまる場合は早急に病院を受診する様にしましょう。

一般的な治療法として、急性期の痛みの激しい時期では安静、頚部牽引などを行い、消炎鎮痛剤の投与で経過観察としますが、保存療法で症状が軽減しない場合は手術が適応される事もあります。