アメフトやラグビーなど激しい当たりの多いスポーツで見られる

頸部神経過伸展症候群、通称バーナー症候群と呼ばれています。
頸部からの神経走行と逆の方向に首に衝撃が加わって神経が引き伸ばされ、火がついたような強烈な痛みを伴います。
神経が走っている方向に衝撃が加わって起こる事もあり、これは神経が骨の間に挟まってしまうのが原因とみられています。
バーナー症候群
首や肩、腕、背部などに強い放散痛(ほうさんつう)が見られ、しびれ感、また握力の低下などの神経障害がおこります。

一過性のものが多いですが場合によっては、瘢痕(はんこん)による肥大化、癒着(ゆちゃく)などによって神経脊髄神経の通路が狭くなり、神経の圧迫や伸展されやすくなるため、競技復帰には注意が必要です。
神経障害の経過回復をまず優先させる様にしましょう。