足底筋膜炎(足底腱膜炎)

足の裏側にある足底筋膜(足底腱膜)はダッシュ・ジャンプなどの時に伸びたり縮んだりして、衝撃を吸収するサスペンションの役目をしています。
このため強い負荷を掛けたり、長距離走などで使いすぎると炎症を生じます。
足底筋膜炎
スポーツ選手に限らず立ったり歩いたりする機会の多い一般の人でも炎症を生じる事があり、扁平足の人は特になりやすいです。

原因は強負荷・オーバーユースだけではなく、不良姿勢、足の形の異常、下腿三頭筋やアキレス腱の柔軟性の低下、足の筋力低下、シューズの不備などがあげられます。

症状としては足底部に圧痛があり、走って着地のときに踵の近くが痛み、足底筋膜にそって緊張が起こり、圧痛がみられます。運動後にRICE処置を行い、下腿・足底の緩いマッサージなども効果的です。

偏平足障害

足部のアーチが少なく、力学的に弱いために歩く時に過剰な足の内側動揺を起こし足底筋膜や後脛骨筋(こうけいこつきん:ふくらはぎの後ろの筋肉)に過剰な負担が加わり痛みを生じる様になります。
特に外脛骨という種子骨のような骨が存在すると、これが刺激となる事もあります。

ランニング時の足底または足部内側の痛みがみられ、立った状態で足部のアーチをみると通常より低く、偏平足を示す事が認められます。
扁平足
着地の際の外力を和らげるためには大腿四頭筋やハムストリングス、またふくらはぎの筋肉、足底のアーチの保護などが有効で、これらの筋力強化やマッサージを行い、アーチ形成のためのパッドやテーピングなども活用する事が効果的です。
足底の筋力強化のためのタオルギャザートレーニングなども取り入れると良いでしょう。