リトルリーグ肩とは野球肩とも言い、ピッチャーに最も多くみられる少年期の肩の障害の総称です。

・どんな時になるか?

シーズン開始直後や練習メニューを変えた時など投球動作に伴う上腕(じょうわん、肩から肘まで)のひねりによる動作から

・どんな症状か?

野球肩野球肩

肩の痛みと関節の動きが悪いなどの症状があります

・代表的な物として…

上腕骨近位骨端線離開(じょうわんこつきんいこったんせんりかい)があり、
上腕骨(肩から肘までのいわゆる二の腕の骨)の肩の部分で、成長線と言われる部分がずれたり、離れたりするもので、骨折に準じた対応が必要です。

成長線は、骨端線(こったんせん)とも言い、骨が伸びるための軟骨組織で出来ています。
柔らかい軟骨組織が固い骨組織に挟まれているため、ここでずれやすいのです。
成長線の部分の損傷ですので、後々成長障害を引き起こす可能性があります。

・成長障害をおこすと?

腕の長さが短くなる
肩の動きが悪くなる、などがあります。

・リトルリーグ肩の症状としては?

まず、一球の投球で急に痛みがくる事は少ないので、徐々に痛みがある時は要注意です。
早期発見が大事で、定期検診を受ける事も一つの方法です。

*一度、骨端線損傷が起こってしまった場合は、完全に良くなるまでは投球動作は禁止です。
1年近くかかる事もある様です。

・リトルリーグ肩の予防としては、投球機会の多い選手に発生頻度が高いことが言われているため

1. 1日50球以内、週300球を超えない事
2. チーム内で投手は少なくとも2名以上養成する事
3. 連投させない事
4. ボールを全く握らせない、シーズンオフを作る事

小、中学生でのスポーツは、心身の健康のためであるべきで、健康を害したりしない程度が一番です。

リトルリーグエルボー リトルリーグショルダー
テニス肘 オスグッドシュラッター
シンスプリント ランナー膝・ジャンパー膝
子どもの腰痛 半月板損傷
変形性膝関節症 骨粗鬆症
関節リウマチ 腱鞘炎
胸郭出口症候群 腰痛
肩こり 四十肩・五十肩
坐骨神経痛 肋間神経痛
O脚・X脚 肉離れ
外反母趾 捻挫