リトルリーグ肘(野球肘)とは肘関節周囲の色々なスポーツ障害の総称ですが、特に離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)を示す事が多いです。

・どんな時になるか?

投球動作を行う場合にみられる
好発年齢は10~14才と言われ肘の運動時痛を訴えます
離断性骨軟骨炎は繰り返す肘関節への微細な外傷が原因と言われています。

・どんな症状か?

運動時痛って言うのは、動かしたら痛い状態を言い、じっとしていても痛い時は「安静時痛」があると言います。

肘関節は、上腕骨(じょうわんこつ)と言う二の腕の骨と、橈骨(とうこつ)、尺骨(しゃくこつ)と言う2本の前腕(ぜんわん;肘 から手首までのこと)の骨から構成されています。

この橈骨と上腕骨が繰り返してぶつかる事で、関節表面の軟骨、軟骨のすぐ下の骨組織(軟骨下骨:なんこつかこつ)に損傷が生じ、 関節軟骨が剥がれ落ちる事もあります。
野球肘野球肘
一般に関節軟骨は再生しないと言われているため、関節軟骨の損傷が激しい場合は、大人になってからも肘の痛み、関節の動きが悪い、などの症状を生じる可能性があります。

リトルリーグ肘の治療としては、運動制限と鎮痛剤処方を中心に行われますが、うまく行かない場合、関節鏡(かんせつきょう、関節 の内視鏡です)で検査したり、剥がれた軟骨を固定したり出来る事があります。

・成長障害をおこすと?

小児の関節障害は、のちに成長障害を生じる恐れがあるため、症状の出始めから慎重な経過観察と治療が望ましいと思います。
成長障害が起こった場合は、だんだんと関節が曲がって育ったり、関節の痛みが徐々に強くなる事が予測されれば、矯正手術が必要と判断する事もあります。

似たような病気にPanner病がありますが、Panner病はおおむね10才以下で生じ、予後は良好と言われています。(あまり障害を残すことはない、という意味です。)外傷とは関係ないと言われています。
レントゲン上、上記の離断性骨軟骨炎との区別は難しい様です。

少年野球を長く楽しむためにも、関節の痛みがある時は、無理をさせない方が一番です。

リトルリーグエルボー リトルリーグショルダー
テニス肘 オスグッドシュラッター
シンスプリント ランナー膝・ジャンパー膝
子どもの腰痛 半月板損傷
変形性膝関節症 骨粗鬆症
関節リウマチ 腱鞘炎
胸郭出口症候群 腰痛
肩こり 四十肩・五十肩
坐骨神経痛 肋間神経痛
O脚・X脚 肉離れ
外反母趾 捻挫