お電話や来院された方からよく聞かれる事について書いています。

●交通事故の後遺症

交通事故の後遺症の場合、早期の回復と職場復帰が第一に挙げられるケースが多いですが、出血性が見られない外傷でなくても、治療が長引き、苦しんでいる方も少なくはありません。
症状が悪化して後遺症を残さないためにも、当院では事故の状況やケガの状態、その後の経過などを詳しく確認させていただいた上 で、一人ひとり症状に合わせた施術を行い、交通事故の後遺症(むちうち症、腰痛など)首、肩、腰、背中、手足などの捻挫のためにむちうち症や腰痛などの痛み全般やしびれに対して、早期回復をお手伝いしております。
交通事故は、一般的なケガよりも身体に負担が大きいケースが多く、適切な処置を行わない場合、後遺症に悩まされる可能性もありますので、早期治療が最も大切になってきます。

●交通事故に遭ったら もし交通事故に遭ってしまったら、以下の流れに沿って対応してください。

■加害者の住所、氏名、連絡先、自賠責保険の加入先を詳しく聞く。
■医療機関で検査を受け、診断書をもらう。
■相手もしくは保険会社に施術を受ける病院、整骨院などを連絡する。
■警察に事故届、診断書を提出する。
(上記書類がないと、自賠責保険を適用できません。)
■病院へ通院しながら、あるいは病院から整骨院へ切り替えての通院が可能です。
お気軽にご相談ください。

●保険は使えるのでしょうか?

整骨院では、各種健康保険、労災、任意保険、自賠責保険(交通事故)等の取り扱いをしています。
ご不明な点がある場合はお問い合わせください。

●整骨院と整体の違いは?

整骨院は柔道整復士の国家資格を取得し、開院しています。
この柔道整復士の資格は厚生労働省では医療類似行為として法律で定められているのですが、療養費として保険制度が適応されます。
これに対しに整体院は民間資格である整体師の方が経営されているところで、この民間資格は法律で医療類似行為と認められていません。
そのため整体院での施術は保険が適応されません。

●どのような施術をするのですか?

「もっと高いと思ってた」と言われる事が多いのですが、私の得意ジャンルがスポーツ関係というだけで、金額は高くありません。
保険施術では健康保険に準じた金額域ですし、実費施術でも高くて2000~3000円程度です。

整骨院・接骨院にて施術を行う前のほとんどの方は「痛そう」「恐い」というイメージを持 たれている様ですが、TVで観る様な筋肉をグリグリ圧したり、関節をバキバキ鳴らす様な施術は行いません。
当院ではお話を伺いながら一人ひとりの状態に合わせて施術を行っていきますので、ご安心ください。
「整骨院」も「接骨院」も基本的に同じで、単に呼び方が異なるだけです。
元々は「ほねつぎ」と言われていて、接骨院という呼称には、何となく「ほねつぎ」のニュアンスが残っていますよね。
整骨院という呼称は比較的新しく、前は接骨院で一本化されていたのですが、接骨院は前述の通り、昔から「ほねつぎ」と称され、骨 折や脱臼を整復するといったイメージがありました。
しかし実際は骨折や脱臼のみならず、東洋医学的見地から全身にアプローチして様々な施術にあたっています。

しかし名称に由来するのか「ボキボキされそうで怖い…」というイメージが払拭されなかったので、時代の流れと共に「ほねつぎ」の イメージを色濃く残す「接骨院」という呼称から、もっとソフトなイメージ「『整骨院」という呼称が生まれました。

整骨院も接骨院も、医療類似行為者(柔道整復師・指圧師・鍼師・灸師・按摩・マッサージ)の「柔道整復師」の国家資格を持ってい る「柔道整復師が施術を行う施術所」を指します。

ここで書かれている整復とは、脱臼や骨折した箇所を元に復す事を言います。
また、柔道整復師は国家資格ですが医師ではないので、注射・薬の投与・手術・レントゲンなどは扱えません。

柔道整復師の専門は、主に、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)です。
挫傷と言われてもピンとこないと思いますので、よく聞く症例としては・・・
腰痛・ぎっくり腰や、肩周囲の痛み、寝違いなどを思い浮かべていただいて差し支えありません。
要は言いようのない『筋肉』や『筋』のつらさ違和感、痛みなどを総合的に挫傷と言います。

施術方針・施術方法は、症状により異なりますので、一概には言えませんが、問診・視診・触診・打診・圧診などを行い、充分な説明 の後に、急性期のものなら、受傷後一両日間は、RICE処置等を施し、経過により適宜、温熱・手技・電器療法・運動療法などを施していきます。

原因が見当たらない慢性的な痛みや症状(疲労や倦怠感など)は、保険施術の適用外となり、実費施術となる事があります。
また、病院・医院や診療所と同様に医療機関なので、各種健康保険が使えます。

また、「整体院」との違いは、整骨院・接骨院が、骨折・脱臼・捻挫などの急を要する整復を行うのに対して、整体院は身体や姿勢の バランスを整えたり、血行を良くしたり、肩こり・腰痛などの慢性的な症状の緩和を目指すものであり、国家資格を持たず民間療法なので、健康保険は使えず全て自費になります。

※整骨院・接骨院でも肩こり等の慰安施術には健康保険は使えません。